【夕張あきんど屋】
   夕張メロンは「せり値」にほんの少し利益をのせた価格で毎日販売させて頂きます。
  
※夕張友酉市場 買受人番号35

夕張あきんど屋
【地元夕張より直送】夕張メロンを毎日の「せり値」に、ほんの少しプラスの価格で販売します
HOMEオンラインショップショッピングガイドユーザーサポート店舗&オフィスお問い合わせ通信販売規約プライバシー
夕張あきんど屋「一生夕張日記」
 
 
一生夕張日記【21】
<絶対大丈夫>
 
4月1日で市の職員が約半分になり、業務に支障が出ては困るという事で道からも数名応援の職員が来てます、それでも少ないな 本当に役所は機能するのかなと心配して居りましたら、いつもの知り合いが、いとも簡単に心配ない、心配ないと言います、どうしてですかと聞くと、本人は本当に自慢してこういう指摘は絶対に評論家、先生方には出来ないという、その理由は、破綻前の市役所で本来の仕事*住民サービスの向上*高齢者支援*地域の活性化(農業、商工観光などの支援)をしていない、あるいはしようにもできなかった職員(当初は高い志を持って役所に入ったはず)がかなり居たと思う。
何十年間も民間でいう粉飾(ごまかし)決算を行っていた訳で、関係した職員は、国や道に出す書類、議会に出す書類、金融機関への提出書類などの作成に追われ、本当の仕事をしていない。
1度決算をごまかすと年々数字が膨らみ5年、10年たつと、正式な数字が誰も解らなくなるという、そして益々大変な作業になる。
正規の会計検査、出納検査には絶対出せない書類は隠し、偽造した書類で何十年間も検査をくぐり抜け、議会の承認も得る、返済可能な計画書を作り金融機関から融資を得る、更に安い金利を求めて担当職員は安い銀行を探す、大変な時間と労力を費やした(けど本来の仕事ではない)。
今回の破綻で残った職員は再建計画に基づいた正常の仕事に専念できるので、今の職員数で”絶対大丈夫”と自信もって言う。
僕は余りにも粉飾決算に知り合いが詳しいので、「毎年会社でやっているのですか?」と聞くとニヤニヤ笑っているだけ
経験した人からしか聞けない妙に自信に満ち溢れたこの根拠
そうとしか取れない知り合いの指摘でした。

>戻る
HOMEオンラインショップショッピングガイドユーザーサポート店舗&オフィスお問い合わせ通信販売規約プライバシー